2009年05月23日

寝不足で動悸が起こる時

寝不足で動悸が起こる時には、血液中のビタミンB1が減ってしもてやはるか、血圧が下がって送り出せる血液の量そのモンが減ってしもておる可能性がおます。22時さかい2時の間に熟睡したはるように心がけると、免疫力が上がって動悸が起こりにくくなるでっしゃろ。寝不足が原因やとわかっていれば、動悸がしてもそれほど心配へーりまへんが、頻繁に続くようならいっぺん、病院にいかはった方がええかもしれまへん。動悸は深刻なやまいの前触れやな〜ことがおーいさかいどす。動悸と一緒に他の症状も起こるようなら、早めに病院に行ってみておくれやす。特に、胸が痛くなる、息が苦しくなる、一日にせんど起こる、動悸がえらい激しいちゅう場合には、医師の診断を受けた方がええでっしゃろ。やまいほななくても、寝不足や多忙が続いとると、動悸がしはることがおます。原因を取り除くのが一番どすけど、それがでけへん場合には、漢方お薬をべべ用しはると症状が治まることもおますどすえ。あんまり西洋お薬に頼りたくへんちゅう人は、漢方お薬を使こうて体しち改善しはるのも一つの方法やと思うて。喫煙や飲お神酒を控えて、スパイスのきおいやした料理を食べるようにしはると、動悸が治まるかもしれまへん。病院に行って精密検査を受けても異常がなく、漢方お薬をべべ用しても動悸が治まれへんちゅう時には、原因を取り除く努力が必要どす。ストレスが原因で動悸が起こっとるのをなんもせいで長期間放置しはると、動悸やけでなく他の症状が出て、自律神経失調症やパニック症候群、うつやらなんやらになってないないする可能性もおますでっしゃろ。
posted by sleep at 15:00| 寝不足 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
人気ブログランキングへ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。