2009年05月18日

寝不足と吐き気との関係

寝不足と吐き気との関係には、個人差がおます。寝不足になると、すぐにえづきそうちゅう人もいれば、さかしまに、おなかがやたらすくちゅう人もおるのどす。寝不足やと、吐き気とめまいが一緒に起こるちゅう人もおるでっしゃろ。いずれにしても、吐き気の原因が寝不足やとわかっとる時には、早めに寝不足を解消おくれやす。慢性的な寝不足は、免疫力を低下させまんねんし、さまざまなやまいの原因さんどす。寝不足による吐き気は、やまいの初期段階ちゅう可能性もおますさかい、充分に睡眠をとっても治れへん場合は、医師の診断を受けた方がええどす。寝不足に加えて、過労、ストレスやらなんやらも重なっとるのなら、さらに、深刻なやまいになる可能性が高くなってまんねん。寝不足さかいに吐き気がしても当たり前とおもてたんやけどら、実は、深刻なやまいやった、なんてことになる前に病院に行きまひょ。吐き癖がついてないないするとよおへんさかい、吐き気がしてもなるべくしんぼどした方がええどすえ。忙しくて睡眠時間を増やせへんちゅう人は、眠りのしちを上げる努力をしてみておくれやす。寝る三時間前には御膳をせえへん、カフェインを含む飲みモンを飲まへん、テレビやパソコン、ゲームやらなんやらで神経を興奮させへんやらなんやら、なん気へんことさかい改善していくと、短い時間やて熟睡でけるでっしゃろ。寝不足おへんつもりやて睡眠のしちが悪いと、寝不足になってないないすることもおます。また寝不足さかいくる吐き気やとおもてたんやけどら、熱中症やったちゅうことも、熱帯夜には起こりがちどす。
posted by sleep at 15:00| 寝不足 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
人気ブログランキングへ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。