2009年04月21日

不眠症の対策

ここでは不眠症の対策として、これから自分でできるものを紹介していきます。
これらの不眠症対策法を試してもなお、もし効果が実感できない場合は、専門医に相談した方がいいかもしれません。
まず第一に、朝や昼間、適度な太陽の光を浴びるようにすることです。
ここで、朝の光なら、体内時計がリセットされ、バランスが調整されます。
そして、昼間には極度な興奮するようなことは控えるようにしましょう。運動のやりすぎやスポーツ観戦なども、控えめにしましょう。
体に優しい適度な運動で体が多少疲れるくらいなのは良いのですが、過度になると交感神経が興奮しすぎるため、これを鎮めるのが大変です。

カフェインや香辛料を取らないようにするだけでも、思いのほか有効なので、
不眠症の人はコーヒー、紅茶、緑茶、ココアなどは極力控えるようにしましょう。
できるだけ水分は水、白湯、カフェインレスの飲み物で摂るようにしましょう。寝る前に冷えた飲み物は注意が必要です。
それとは逆に、温かい飲み物を飲は、眠りやすくさせてくれます。寝る準備も早めにしましょう。

眠りたい時間の三時間くらい前になったら、テレビもパソコンもやめるようにしましょう。蛍光灯は避けて部屋の照明を適度に暗くして、
なるべく、間接照明やオレンジ色っぽい電球を使うのが好ましいでしょう。

もしお風呂に入るときは、熱いお風呂に入るようなことは良くないので、38〜40度くらいのぬるいお湯にゆっくりと浸かるようにしましょう。
さらにお風呂上りにはストレッチやヨガをしてバランスを整えると効果的です。
布団やベッドに入ったら、意識的に楽なことだけを考えます。悪いことは考えないでください。
深くゆったりと呼吸すれば、リラックスしやすく、眠りやすくなるものです。たとえ眠れなくても、楽観的にしていてください。
寝酒は熟睡の妨げになるため、不眠症には適しません。
posted by sleep at 15:00| 不眠症 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
人気ブログランキングへ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。