2009年04月06日

不眠症とは・・・

不眠症というものは、いわゆる睡眠障害の一種でして、
普通のときよりも眠ってる時間が少なくなってしまうために、
精神的にも肉体的にもアンバランスがおこる病気のことを言うようです。

この不眠症は大きく、入眠障害、中途覚醒、早朝覚醒、熟眠障害の
だいたい四つに分けることができます。

入眠障害というのは、寝つきが悪くて、なかなか眠れないという症状を示します。
寝つくまでに30分〜1時間以上くらいかかると、入眠障害の疑いがあると言えましょう。

中途覚醒は、中高年の人に多く、起きようと決めた時間までの間に何度も目が覚めてしまうことです。

早朝覚醒は、その名の通り、早朝に目覚めてしまって、それからは眠ることができなくなってしまう症状です。

熟眠障害は、十分な時間、睡眠をとっているのにもかかわらず、眠りの深さが浅いため、熟眠感が得られない障害です。

もっとも、不眠症というのは、一日や二日、このような症状が現れることを言うのではなくて、
長期間にわたってこれらの状態が続くことをいいます。
また、充分な睡眠時間というのがどのくらいの長さ、深さなのかは、人により個人差がありますので、
仮に三時間くらいの睡眠が続いていたとしても、本人がそれで平気なら不眠症とは言えないでしょう。

なかなか眠れなかったり、十分熟睡できないことで、体の調子が悪くなったり、
昼間に眠たくて仕事などにも支障があるようですと普通、通院でこうした不眠症の治療等を受けなくてはなりません。
こうした不眠症の症状がもし一ヶ月以上も続くようですと、病院に行った方がいいかもしれません。
不眠症のせいによって、事故なども起こす危険性もありことですし、なるべく早めの治療や改善が必要です。

不眠症の判断基準は、朝起きたその時に不快感があるかどうか。
よくぐっすり寝たはずなのに、なぜかいつも体がだるかったり、
いつまでも長く眠かったりする場合などは、もしかすると、不眠症かもしれません。
posted by sleep at 15:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 不眠症 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
人気ブログランキングへ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。